45R2019年夏物コレクション。原点である「アメリカンヴィンテージ」からインスパイア。10月にはロンドンにも出店

Pocket

45R(フォーティ ファイブ・アール)は、2019年夏物コレクションで、アメリカンをアクセントに、ブランドの原点である「アメリカンヴィンテージ」からインスパイアされたコレクションを提案している。

スポンサードリンク


5月から7月に店頭展開する商品を紹介した今回。5月に展開するアロハやインディゴ染めのプリント、フロッキープリント、6月に展開するアイビールックやみゆき族をサブテーマにしたヘリンボーンや千鳥、マドラスチェックを使ったリネンのアイテムなど、アーカイブを掘り起こし、今では使われていない手法を使うことで、様々な表情が楽しめるデザインが特徴。

ホピ族からインスピレーションを受けた7月展開のニットポンチョやバッファローチェックを使ったリネンのシャツやワンピースなどもポイントになっている。

昨年は、2003年にオープンしたパリ1号店を2018年春夏パリコレクション会期中の9月28日に、パリ1区のサントノレに移転、オープン。今年は10月11日にロンドンにも出店する45R。今後の展開も注目される。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2