ファイブノット(5-knot)2019年春夏コレクション

Pocket

鬼澤瑛菜と西野岳人によるファイブノット(5-knot)が2019年春夏コレクションを発表した。「旅とヴィンテージ」をブランドコンセプトに、様々な国で見たもの、その場で感じた空気感や、目にとまった色、柄、香りなどからアイディアを出していくというファイブノット。
今シーズンはカラフルな街並みの色から1本入った路地裏のようなムードまで、キューバの旅を思い返しながら作ったコレクションを見せた。

スポンサードリンク


世界中を旅して、コレクションを作る方法は、髙田賢三による70年代のケンゾーから、前田徳子がデザインするトクコ・プルミエヴォル(TOKUKO 1er VOL)や最近のツモリチサト(TSUMORICHISATO)まで続くもの。若手デザイナーの感覚と、エキゾチックなムードやどこか古着のようなムードなど、懐かしさと新鮮さなどが融合した、再発見とでも呼べそうなコレクション。

関連記事
2019年春夏東京コレクションが開幕。8月28日にはファイブノット(5-knot)がランウェーショーを開催

ファイブノット(5-knot)2018/2019年秋冬コレクション全ルック

2019年春夏パリコレクション(ファッションウィーク)スケジュール

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2