エズミ(EZUMi)2019年春夏コレクション。コンセプトは脱構築。メンズもスタート

Pocket

江角泰俊がデザインするエズミ(EZUMi)が2019年春夏コレクションを発表した。ある対象を解体し、それらのうち有用な要素を用いて、新たな、別の何かを建設的に再構築するDeconstruction(脱構築、分解)をデザインコンセプトにした今シーズン。現代アーティスト
トッド・マクラーレン(Todd McLellan)の作品「THINGS COME APART」の様々なプロダクトを解体している写真、グラフィックの表現から多大なインスピレーションを受け、ファッションデザインへと昇華したコレクションを提案している。

スポンサードリンク


既存の構造を破壊、解体し、新たな構造、デザインを創り出す、マクラーレンの作品脱構築の概念から導きだされたアイデアを服作りに活かし、服を分解することからスタートした今回。
ポストモダニズム、デコンストラクション、破壊、解体、再解釈、再構築、リデザイン、ポペリズム、レイヤード、ミニマルハイブリッド、ワークウェア、アシンメトリー、トラッド、コンテンポラリーカジュアル、ヴィンテージデニム、リネン、コットン、超撥水、プリーツ、テープベルト、クロシェ、ストライプなどをキーワードに、数シーズン前から採用しているデニムやプリーツなどを更に発展させ、デニムはジージャンとジーパンを解体し新たなデザインにしたものなども登場している。

また、今シーズンからメンズコレクションもテスト的にスタート。展示会ではジャケットやパンツ、シャツ、Tシャツ、ポロシャツなどを発表した。価格はTシャツ1万8,000円、ジャケット4万5,000円など。

江角は「今シーズンはトッド・マクラーレンの作品の根本にあるものからインスピレーションを受けたが、サイドプリーツを継続するなど、しっかりとした売れ筋もできてきた。当面はショーやプレゼンテーションをするよりもビジネスを固めたい。海外での発表も考えてはいるが、この1年かけて、あせらず、しっかりやっていきたい。また、メンズについては、レディースのデザインを落とし込んだものもあるが、基本的には自分のようにプリント物もストリートも着られない30代の男性のために作った」と話している。

Photo Shoot Staff:
Design/Styling: Yasutoshi Ezumi (Ri Design.Ltd)
Art Director: Atsushi Umezawa (Glam Beast)
Photographer: Norizumi Kitada
Hair: YUUK(W)
Make Up: uchiide and kimura (Shu Uemura)
Model: Tess Angel (BRAVO models)

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2