第44回モード・イン・フランス(Mode in France)展が来年1月に開催。新しいゾーン「エスパス・ラベル」も設置。

Pocket

フランス婦人プレタポルテ連盟が主催する「モード・イン・フランス(Mode in France)展 2018/2019年秋冬コレクション」が1月10日から1月12日の3日間、東京・渋谷のベルサール渋谷ファーストで開催される。

スポンサードリンク


モード・イン・フランスは、パリで開催されるフーズ・ネクスト(WHO’S NEXT)やトラノイ(TRANOI)などに先駆けて、日本で最新コレクションを紹介するもの。44回目を迎える今回は初参加の7社を含む約60ブランドが出展。パリの展示会に先駆けて、東京でレディースウェアやファー、レザー、バッグ、ジュエリー、服飾雑貨などの2018/2019年秋冬コレクションを発表する。

また、今シーズンは初めての試みとして、フランスのクリエイティビティーや技術の継承、メイドインフランスを象徴するブランドを集めた新しいゾーン「エスパス・ラベル」を設置。フランスのクリエーションをよりわかりやすく紹介する。

関連記事
第43回 モード・イン・フランス(Mode in France)開催。駐日フランス大使も来場。次回の新ゾーン設置も発表。

「ボキューズ・ドール(Bocuse d’Or)2019 日本代表発表及びチーム・ジャパン結成式」開催。日本代表のメゾン・ド・タカ芦屋料理長の髙山英紀シェフらが出席

髙田賢三の専属料理人だった中山豊光シェフのレストラン「レストラン トヨ(RESTAURANT TOYO)」が「東京ミッドタウン日比谷」に出店。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2