平昌オリンピック・パラリンピックの日本代表選手団のオフィシャル(公式)スポーツウエア発表会詳細リポート

Pocket

(C)zoomupcollection

アシックスが平昌オリンピック・パラリンピック日本代表選手団オフィシャル(公式)スポーツウエアを発表

第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)と 平昌2018パラリンピック冬季競技大会の日本代表選手団オフィシャルスポーツウエア発表会が平昌オリンピック開会式100日前となった11月1日、東京・渋谷の表参道ヒルズで開催された。開会式や表彰式、選手村などで日本代表選手団が着用するもの。東京2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナーであるアシックスがウエアやシューズ、バッグなどを提供する。

発表会には、スキージャンプの葛西紀明選手などのゲストアスリートとともに、アシックス平昌オリンピック2018代表選手団スペシャルサポーターの土屋太鳳さんも登壇した。

関連記事

土屋太鳳さんが平昌オリンピック・パラリンピックの日本代表選手団オフィシャルスポーツウエア発表会に出席

オフィシャルスポーツウエアのコンセプトはプライド・オブ・ジャパン。色はサンライズレッド

「プライド・オブ・ジャパン、日本を誇れ、をコンセプトに、日本代表としての誇り、日本代表選手団を応援する国民の誇り、日本発祥ブランドのものづくりへの誇り、すべてを重ね合わせて、オールジャパンで大会に臨むという意味を込めた。また、ものづくりでは、これまでもアスリートが何を求めているのか、どうすれば最高のパフォーマンスを発揮できるのかを追い求めてきたが、今回は開発チームが今年2月、平昌に行き、現地での体感や(会場だけでなく移動なども含めた)快適性を自ら体験し、商品開発に生かした」(西前学アシックス取締役執行役員兼アシックスジャパン社長)という今回のオフィシャルスポーツウエア。

メーンカラーとして、昨年のリオオリンピックの陸上でも使用した赤とオレンジの中間のような鮮やかな「サンライズレッド」を採用。平昌の雪の上でも映えるような朝日が昇る力強さを表現した。サブカラーには日本を囲む海のような深い青「ジャパンシーブルー」を使っている。

平昌オリンピック会場の環境に対応した4タイプのレイヤリングを提案。車いす使用者にも対応したオリジナルパターンも

機能面では、アシックススポーツ工学研究所の科学的知見に基づき、寒暖差の激しい平昌の環境に対応し、ベストのコンディションをサポートするために、様々なウエアを作製。各競技会場や着用シーン、気候や選手の嗜好に合わせた着こなしができるように、4タイプのレイヤリングを提案している。

スポンサードリンク


メーンとなる開会式や表彰式に着用するウエアでは、体から熱が逃げやすい背中の中心部分を、発熱効果を高める三層構造にし、山岳部の気温マイナス10度などの厳しい環境にも対応できるようにした。気温0度から10度に対応するレイヤリングとしては、トレーニングパンツの上にダウンショーツをコーディネートすることで重ね着を楽しめるようにしている。気温10度のアリーナなどを想定したウエアではダウンをウェルダー加工でブロッキングすることによって、同社が従来展開してきたステッチング加工に比べて空気を入りにくくし、保温性を高めている。インドア用のトレーニングジャケットとトレーニングパンツは選手村など屋内で着用することを想定して開発したという。

さらに、車いすを使用している選手も快適に過ごせるようにオリジナルパターンを考案。座った状態でベストな着心地になるように、ジャケットの着丈を短めにして、袖部分はタイヤなどでのすれを予防するガードを採用した。パンツも股上の前側を短くし、後ろを長めにすることによって腹部のだぶつきを改善し、背中の冷えにも考慮した。

シューズはブーツとトレーニングシューズの2種類。環境負荷低減も考慮

シューズも2種類のシューズを作製。ブーツはライニングにフェイクファーと防水フィルムを採用し、雪の進入や雪解け水などによる足下からの冷えを防ぐようにした。トレーニングシューズは防水・防風・透湿機能を備え、岩場でのランニングなどにも対応することができるようになっている。

さらに、機能性と同時に環境負荷低減も考慮し、従来に比べて水の使用を約70パーセント削減する特殊な工程で染色された生地を採用したほか、水を使用しない技術で染色されたファスナー、バイオマス由来やリサイクル素材の使用など環境に配慮した材料を取り入れた。インナーアイテムも特殊な横編み機を使うことで端材の発生を20パーセント減らし、ダウンはトレイサブルダウンを採用、素材は植物由来のものにしている。シューズ(ゲルイエッティ=GEL-YEIT 2)も環境に配慮した素材・生産工程を採用し、スポーツシューズとして初めてエコマーク認定を獲得した。

葛西選手は「サンライズレッドにエネルギーと力強さを感じた。何100着と着てきたウエアの中でも、こんなに輝かしく、すてきなウエアは見たことがない。オフィシャルスポーツウエアに袖を通すと自信に満ちた感じと燃えるような気持ちになるので、このウエアはぴったり」とするとともに、「好きな色なので色でやられたという感じだが、今までは太めだったパンツも細めになるなど、流行の細身のシルエットになっていることも気に入っている」とコメント。

女子フリースタイルスキーハーフパイプの小野塚彩那選手は「リオオリンピックを見て、自分たちの着ていたものと比べてしまい、こうなったらいいなと思っていたので、シルエットが細身でかっこいいなと思っている」。女子アイスホッケーの藤本彩那選手は「ブーツはとても履きやすいし、中の素材がふわふわしていて、疲れなさそう。ふだんから履いていたい」と話した。

パラアイスホッケーの高橋和廣選手は「皆さんから見ると変わっていないと思うかもしれませんが、トップスの丈が短くなり、袖も強くなったし、今まではパンツのポケットを使うことをあきらめていたのですが、今回のパンツは車いすに乗っていても使えるところにポケットが付いている。いろいろなものを入れて、ストレスなく移動できると思う」と評価した。

また、オフィシャルスポーツウエアを身につけて登場した土屋さんは「選手のみなさんの話を武者震いしながら聞いていました。日本全国のみなさんと一緒に全力で応援したい」と笑顔で語った。

Text & Photo:Shinichi Higuchi / Chief Editor(樋口真一)

関連記事

アシックスが平昌オリンピック日本代表選手団オフィシャルスポーツウエアのレプリカモデル「スペシャルパック」、レプリカモデル、応援グッズを販売

アシックスが平昌オリンピック・パラリンピックのオフィシャルスポーツウエアをシックにアレンジした「プレドーンコレクション」発売

土屋太鳳さんが「アシックス」のブランドアンバサダーに就任

アシックとアンリアレイジ(ANREALAGE)がカレイドスコープコレクション(KALEIDOSCOPE COLLECTION)ローンチパーティ開催

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2