アシックスジャパンがオニツカタイガー(Onitsuka Tiger)ブランドの直営店を新宿と上野にオープン

Pocket

オニツカタイガー新宿

アシックスジャパンが「オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」ブランドの直営店を新宿と上野にオープンする。11月3日、新宿駅の南口に「オニツカタイガー新宿(Onitsuka Tiger Shinjuku)」を、翌日11月4日、東京・上野にグランドオープンする商業施設「パルコ ヤ(PARCO_ya)」に「オニツカタイガー パルコヤ上野(Onitsuka Tiger Ueno)」を、それぞれオープンするもの。「オニツカタイガー新宿」は1階と2階の2フロアで店舗面積261平方メートル。「オニツカタイガー パルコヤ上野」 は1フロアで店舗面積47.7平方メートル。両店とも「オニツカタイガー」ブランドのシューズ、ウエア、バッグ、小物類を展開する。

オニツカタイガー パルコヤ上野

「オニツカタイガー新宿」「オニツカタイガー パルコヤ上野」とも、国内最大の旗艦店「オニツカタイガー表参道」や大型路面店「オニツカタイガー渋谷」と同様に、 古今東西をコンセプトに、ビンテージ感と未来感、東洋と西洋をミックスさせた「オニツカタイガー」 ならではのイメージを発信する。

スポンサードリンク


アシックスジャパンでは、国内外の幅広い層の来店を見込んでおり、今後の店舗開発や商品開発に生かすための情報収集の場と位置付けながら、新宿エリアや上野エリアにおける「オニツカタイガー」ブランドの認知向上と売上の拡大を図りたい考えだ。

東京を代表するターミナル駅である新宿駅の南口にオープンする路面店「オニツカタイガー新宿」。1階では「NIPPON MADE」シリーズなどシューズをそろえ、2階ではアパレルやアクセサリー類を中心に展開する。オープンを記念し、1970年代後半から1980年代前半に日本のジョギングブームを盛り立てた代表的なジョギングシューズをベースにした、「カリフォルニア 78 VIN(CALIFORNIA 78 VIN)」のホワイト×ディレクトワールブルーを先行発売する。価格は税別9,500円。

また、「パルコ ヤ」の1階にオープンする「オニツカタイガー パルコヤ上野」では、オープンを記念して、同ブランドの代表的なモデルである「メキシコ 66(MEXICO 66)」を着脱が簡単なヒモなしのスリッポンスタイルにアレンジし、内側にボアをあしらったメキシコ 66 スリッポン(MEXICO 66 SLIP-ON)を先行発売する。ブラックとグレーの2色展開で、価格は税別9,000円。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2