ネ・ネット(Ne-net)2018年春夏コレクション

Pocket

2018年春夏コレクションから新しいネ・ネットを提案

ネ・ネット(Ne-net)2018年春夏コレクションのテーマは「私がきれいに見える服」。「ブランドデビューから12年、物作りのあり方を見直し、新しい価値をプラスした新しいネ・ネットが生まれました」という今シーズン。

大人の女性にも似合いそうなシンプルで美しい、新しいネ・ネット

ワンタンを作るように、一枚の長方形の生地を折り畳んで作ったというパンツスカートやワンピース、スポーツウエアで使われているような多機能裁断を採用することで「シャチ」のような美しいラインを描いたというブルゾン、自転車に乗るときなどにもはきやすいパンツ。一枚の布的な発想とも共通しそうな、頭や袖を通す穴をあけただけのようなシンプルな服が生み出す、着る人をきれいに見せるシルエットや、軽く、動きやすく、しかも美しく見えるアイテムなど、シンプルで30代や40代の大人の女性にも似合いそうなデザインが今シーズンの特徴だ。

ネ・ネットの新しい新しいアイコンとなる「flag」マーク

また、新しい定番となるボタンダウンシャツの胸元や、ショッピングバッグにプリントされた、ブランドの新しいアイコンとなる「flag(旗)」マークもポイントになっている。

関連記事

ネ・ネット(Ne-net)2018年春夏コレクションで髙島一精が見せた新しいディレクション 

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2