アマゾン ファッション ウィーク東京2018春夏(Amazon Fashion Week TOKYO18SS)が開幕。初日トップはヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)

Pocket

ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)2018年春夏コレクション

アマゾン ファッション ウィーク東京2018春夏(Amazon Fashion Week TOKYO18SS)が10月16日、スタートした。初日は10:30からヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)が今シーズンのトップを切って2018年春夏コレクションを発表した。

スポンサードリンク


ヨウヘイ オオノ2018年春夏コレクションのテーマは創る喜び。光沢のある素材や円のモチーフ、鏡のようなパーツを組み合わせたアクセサリー、ひも使いによる変化をポイントにしたデザインなど、60年代の未来派を思わせるムードと手作り感覚、90年代的な荒々しさなどをミックスした。未来的なムードとリアリティが共存するコレクション。

タカヒロミヤシタ ザ ソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.)、トーガ(TOGA)、ブラックアイパッチ(BlackEyePatch)のコレクションと、サカイ(sacai)とアンダーカバー(UNDERCOVER)による“AT TOKYO” 限定の合同ショー「10.20 sacai / UNDERCOVER」など2回目となるスペシャルプログラム“AT TOKYO”が話題となっている今シーズン。

パリコレクションやミラノメンズコレクションの会期が縮小し、東京のブランド数も減るのではないかという見方もあった中で、初参加と海外からの参加が増えることで55ものブランドがショーやプレゼンテーション、Webでの発表などを予定している。数だけでなくコレクションの質も問われることになりそうだ。

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

関連記事
アマゾン ファッション ウィーク東京2018春夏(Amazon Fashion Week TOKYO 18S/S)コレクションスケジュール

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2