H&MがH&Mデザインアワード2017優勝者リチャード・クインとのコラボレーションコレクションを10月5日から、発売。

Pocket

H&Mは10月5日から、H&Mオンラインストアと、オックスフォードサーカスのロンドンフラッグシップストアで、2017年のH&Mデザインアワードの優勝者であるリチャード・クインとのコラボレーションコレクションを発売する。

リチャード・クインはロンドン出身の26歳。2016年にセントラル・セント・マーティンを卒業し、ロンドンを拠点にデザイナーとして活躍している 。ドゥミ・クチュール(セミ・クチュール、セミ・オーダー)仕立てに1960年代の室内装飾用テキスタイルや、ひねりを効かせた形やシルエットを融合させて、 2017年のH&Mデザインアワードに輝いた。

今回のコラボレーションコレクションはテキスタイルとクチュールシルエットにこだわったもの。全身プリント柄、強調したシルエットなど、1950年代や1960年代のトラディショナルなイメージからインスピレーションを受けながら、独自のテイストで形やテキスタイルに新しい変化を加えている。

「創造性と技術力、倫理的思考が見事に融合し合い、新しいファッションでありながら身に着けやすく、魅力ある素晴らしいコレクション」とH&Mクリエイティブアドバイザーで、H&Mデザインアワード審査委員長のアン=ソフィー・ヨハンソン。

リチャード・クインは「H&Mからは、自分の美意識に忠実であり続け、個性を和らげたりしないようアドバイスを受けた。人々が着たいと思うインテリジェントなアイテムを作りたかったが、成功したと思う」と話している。

スポンサードリンク


H&M デザインアワードは、2012年に若いデザイナーたちを支援するために設立されたもの。毎年開催されるこの賞はファッションの将来に対するH&Mの強い意欲を示すもので、若いデザイナー達にファッションの世界でキャリアをスタートするきっかけを与えるとともに、未来の世代にファッションを将来的なキャリアの道として目指すようインスピレーションを与えている。

H&Mデザインアワード2017では、アン=ソフィー・ヨハンソン(H&Mクリエイティブアドバイザー)、イムラン・アーメド氏(「ビジネス・オブ・ファッション(Business of Fashion)」編集長)、マーガレッタ・ファン・デン・ボッシュ(H&Mクリエイティブディレクター)、ヤスミン・シーウェル(Style.comファッションディレクター)、ペルニーレ・タイスバック(「ソーシャル・ズー(Social Zoo)」設立者/クリエイティブディレクター)、ザニタ・ワシントン(アザレ・アンド・ザニタ・ストゥーディオ(Azalle and Zanita Studio)クリエイティブディレクター)が審査メンバーに名を連ねた。

関連記事

H&MがSNSキャンペーン「H&M FALL FASHION 口パクチャレンジ」を実施中。森星・CHIHARU・ゆりやんレトリィバァも参戦!9月30日まで

H&M2017年秋コレクション。ナオミ・キャンベル、森星、CHIHARUらが、東京を舞台としたH&M FALL FASHIONグローバルキャンペーンムービーでLIP SYNC(口パク)共演

H&Mがアーデム(ERDEM)とのデザイナー・コラボレーションを発表。映像制作はバズ・ラーマン

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2