ロキト(LOKITHO)2018年春夏コレクション展示会リポート。日本人のアイデンティティ

Pocket

ロキト(LOKITHO)が2018年春夏コレクション展示会を開催した。デザイナーは木村昌彦。2018年春夏コレクションでは、ロキトならではのスタイルの中に、「日本人のアイデンティティ」(木村昌彦)をプラスしたデザインを提案している。

スポンサードリンク


日本的なムード

黒地の上に刺し子のように赤を加えた素材のドレスやトップス、まるで着物が裏地に凝るようにサスペンダーの裏側に鮮やかながらの刺しゅうを施したデザイン、和柄のアイテムなど、どこかに「日本的なムードをにおわせている」(同)ことが今シーズンの特徴だ。

鼻緒を使ったサンダルも提案

また、八王子にある下駄(げた)屋で作ってもらったという鼻緒を使ったサンダルなどもポイントになっている。

Text & Photo:Shinichi Higuchi / Chief Editor(樋口真一)

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2