第43回モード・イン・フランス(Mode in France)レディースブランドが好調。前年比売上倍増のブランドも。

Pocket

第43回モード・イン・フランス(Mode in France)展が7月26日から7月28日まで、ベルサール渋谷ファースト地下1階で開催された。

モード・イン・フランスを主催するフランス婦人プレタポルテ連盟(Fédération Française du Prêt à Porter Féminin)によると、今回は約1,600人が来場。前年同時期とほぼ同じとなった。初めて来場したバイヤーなども増加したほか、韓国やタイのバイヤーも来場した。

スポンサードリンク


出展者については、レディースウェアのブランドは大部分が結果に満足しているとしており、初出展のブランドも含め、新規顧客の獲得も好調。昨年7月展の売り上げより倍増したブランドもあったという。

一方、服飾雑貨やジュエリーのブランドは、昨年と比べ展示会での売り上げは伸び悩んだが、サンプル発注は多く、今後の正式発注に期待したいとしている。

なお、次回の第44回モード・イン・フランス展は、来年の1月10日から1月12日、今回と同じベルサール渋谷ファースト地下1階で開催される。

関連記事
第43回 モード・イン・フランス(Mode in France)開催。駐日フランス大使も来場。次回の新ゾーン設置も発表

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2