モトナリ オノ(motonari ono)2017/2018年秋冬コレクション

Pocket

モトナリ オノ(motonari ono)2017/2018年秋冬コレクションのテーマは「チェーン(chain)」。鎖をモチーフにデザインを展開した今シーズン。そこから、繋(つな)がりや、連続性、周囲との関わり、1本の線など言葉を展開したコレクションを提案している。

レディースのモトナリ オノは同ブランドがスタート時から続けているツイード、レースやフリルなどを駆使し、得意とするドレスを中心に展開。馬と鎖をミックスしたモチーフをオリジナルのプリントで表現することで今シーズンのテーマを象徴している。また、柄やモチーフ、ディテールの連続とミニ、アシメトリーなどが、今シーズンのトレンドであるクラシックやエレガンスに、未来的要素や若さをプラスしているように見える。

スポンサードリンク


一方、2017年春夏コレクションからスタートしたメンズブランド「モトナリ オノ オム(motonari ono homme)」は、袖の切り替えを見頃の切り替えと合わせラインをつなげて見せる、大きく鎖のモチーフをプリントするなど、レディース同様に鎖のモチーフを使い、レースやボタン、裏地などの細部で遊びながら、色はブラウンの色調で統一。更にストリート感覚も共存させ、デザイナー小野原誠自身が今着たい服や昔着ていたような服を提案する、モトナリ オノ オムらしいバランスでまとめたコレクションを見せた。

また、素材は異素材であるボアやレザーなどをミックスすることで、単調に見えすぎないバランスを追求したという。

「プリント柄は鎖の要素と人との繋(つな)がりのある動物の要素を入れようと考えたときに、僕の中で馬が歴史的に人との繋がりの深い動物だと思い、馬と鎖をミックスしたモチーフをオリジナルのプリントで表現しました」と小野原誠。

関連記事

モトナリ オノ(motonari ono)2018年春夏コレクション

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2